毎日がWANダフル

どたばたワンコライフ。 2007年9月、家族が増えてますますにぎやかに。 小太郎&大福(ミニチュアダックス)に振り回される毎日です。
2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓昨日、UNICで元気に遊んでた大福だけど。。。


今日の大福
IMG_1086.jpg
ボ~
手術したんでつ。


IMG_1115.jpg
痛々しい(>_<)



じつは一昨日の土曜日にシャンプーしてもらった時、
トリマーさんから「大ちゃんの左前足の肉球にしこりがありますよ、病院で診てもらってください。」って言われたんです。

普通に歩いたり走ったりしていたし気にする素振りもまったく無かったので、こたまま全然気がつきませんでした。


慌てて確認したら↓
P1000258.jpg
P1000259.jpg
血豆みたいな硬いしこりが。



日曜日の午前中、病院へ。
先生に診察していただくと、なんちゃら細胞腫かな?と。
(なんちゃらとは、こたまま気が動転してちゃんと聞き取れなかったのです)
しこりにチクッと注射して中身を吸い取り、細胞診をしていただきました。


「悪いものではないと思うけど、切除して念のために病理検査をしましょう。」
ってことで急遽月曜日に手術決定。


あわわわわ。。。。


なんだか慌しく決まっちゃったので、何が何やら。
今朝病院へ連れて行って夕方お迎えに行ってきました。
大ちゃんは麻酔からさめた後。術後とは思えないほど元気だったそうです(^^;


手術は無事に終わりました。
切除したしこりは病理検査に出したそうです。
先生は悪いものではないと思うと仰ってくださっていますので、その言葉を信じています。
検査結果でそれが証明されますように。




今、大福は疲れているようでおとなしく寝ています。
傷を気にする様子も無く、食欲はいつもどおりバッチリありますのでどうぞご心配なく。


スポンサーサイト
土曜日には毎月恒例の動物病院へ。
今月分のフィラリアのお薬をもらいに行ってきました。

何か月分かまとめてもらっても良かったのだけど、月に一度くらいは体重測定をした方がいいかと思って。

今月の体重は・・・

5.0キロ

まじでやばくないっすか?(@◇@)

7月の去勢手術の時点では4.3キロでした。
3ヶ月で0.7キロ増です。

ダイエット食を始めて1週間、少しは効果があったかと思いきや。(ーー;)

あ~あ、体重計買わなくちゃいけないかな~。

追伸:動物病院の先生に、このブログ見つかっちゃったみたいです。ちっとも更新できてなかったのに
(/-\*) ハジュカチ…
小太郎のトイレが完璧になりました!とこのブログに書こうとしていた矢先に、お母ちゃんのお昼寝マットにチッコされて凹んでいるkotaromamaです。

土曜日に病院へ行ってきました。
フィラリアのお薬をもらうついでに足の検診も。
体重は4.1kg、先月よりも軽くなってるけど、これは入院やつれでしょう。

右足は順調、外側に向いていた足は正常の足と同じ位の角度まで戻っているそうです。
ホッと一安心。
左足は右足よりも外側へ向いていたらしく、まだ正常の角度までもどっていないそうです。ただ、術後間も無いので1ヶ月くらい様子を見ましょうと言われました。
右足みたいに治ってくれると良いな~。

小太郎はスーパー回復が早いと言われました。それは良いのですが、「足が短いからびっこひいてもはっきり分からないのかもね」って言うのは一言多いです、先生。
まだまだ心配の種は尽きませんが、深刻にならずに気長にいきます。

土曜日の医療費:
診察料:525円
フィラリアお薬:735円
合計:1,260円

P1000062.jpg

お父ちゃんのシャツの中に入れられて大暴れの小太郎。
顔、恐いです。^^;
日曜日、無事に小太郎は退院することが出来ました。\(^o^)/
今回は抜糸もしてもらって帰ってきました。
これで留守中のセルフ抜糸の心配がなくなりました。
まだ、若干違和感があるようですが、おおむね順調に回復しているようです。
飼い主としてはもうしばらく安静にして欲しいのですが、やんちゃ盛りの小太郎は走り回りたくて仕方がないようで目が離せません。^^;

入院中は、前回と同じくあまりご飯を食べなかったそうで、入院前よりも体重が軽くなって帰ってきましたが、これは想定内のこと。
前回の経験から、こういうこともあろうかと、入院前にしっかり食べさせてむっちりさせておいたので、別に心配するほどのことではありません。
帰ってきた小太郎はウエストがキューってくびれていて、お母ちゃんはうらやましかったです。
家に帰ってきてからはご飯をしっかり食べているので、体重は元に戻りつつあります。
[自宅療養ちう。]の続きを読む
7月16日の土曜日に、無事に小太郎の左足の手術が終わりました。
術後の回復も順調だそうです。(ホッ)
7月24日の日曜日に退院する予定です。
ホントは3日間の入院であとは自宅療養で良いと言われたのですが、ケージ内での留守番とはいえ、小太郎を一人で置いておくのは不安なので1週間の入院をお願いしました。
留守番中に自分で抜糸しちゃった(傷口はふさがってたけど)前科ありなので、今回はイリュージョンでエリザベスカラーをはずしちゃったりするかもしれないです。^^;

とにかく無事に済んで良かったとホッとしてます。
昨日、様子を見に行ったらご飯もポツポツ食べているようで安心しました。
私たちの顔を見ると後追いしてビャービャー泣くので、早々にお見舞いは切上げました。
小太郎さん、泣かれるとこっちも切ないのよ。(>_<)

小太郎 & kotaromamaへ励ましのコメントをくださった皆様方、ありがとうございました。
お一人お一人にお返事をと思いながら、遅くなって申し訳なく思っています。
実は明日から金曜日まで、出張で留守にします。
戻りましたらお返事を書きますので、今しばらくお待ちくださいませ。<(_ _)>
お久しぶりです。
今回は文字だけです。
デジカメ初心者は、シャッターチャンスを逃しまくり、まともな写真が1枚も撮れません。(T_T)

先週の土曜日に、手術後1ヶ月の検診を受けに小太郎を病院へ連れて行きました。
右足はまだ完治とはいきませんが、今のところ特に問題は無い様子。
ひとまず安心しました。

次に左足の状態を見てもらいました。
触診してもらったところ、膝関節がカクカクとはずれやすいとのこと。
歩き方もクネクネしているし、右足が真っ直ぐになったことで、余計に左足の変形具合が目立つように思います。
先生と相談の結果、次の土曜日に左後ろ足の手術をすることに決まりました。

手術の日程が決まってから、kotaromamaは何やら落ち着きません。
前回の手術の時、麻酔から覚めたばかりで体に力が入らないだろうに、ピーピー鳴きながら私たちに擦り寄ってくる小太郎の痛々しい姿を見て、kotaromamaは思わず泣いてしまいました。
興奮させてはいけないと早々に面会を切り上げたのですが、後追いして私たちを呼ぶ声がとても切なかったです。
今回も、あの時と同じ思いをするんでしょうね。
小太郎のために良かれと思って決めた手術ですが、これは飼い主のエゴかも知れないと気持ちが揺れ動いています。


7月9日(土)の医療費
診察料:525円
土曜日に病院へ行ってきました。
フィラリアのお薬をもらうのと、術後の足の診察、ついでに最近耳をよくかく仕草をするのでその検査も。

体重4.4kg、順調に増えてます。入院中にあまりご飯を食べなかったせいで、退院直後は少し体重が落ちていたのですが復活しました。先生も「少し大きくなったみたいだね~。」とおっしゃってくださいました。まだ成長期、よかよか。チュアブルタイプのお薬を1つ(1ヶ月分)出してもらいました。

耳の検査、左耳にちょっと細菌がいるみたいで、お薬をつけてもらいました。あまり神経質になりすぎるのも良くないと言われ、2週間に1回程度耳掃除をすれば良いとアドバイスをいただきました。

術後の右足の様子、先生の丁寧な触診を受け、「かなりしっかりしてきましたね。」とお言葉をいただきました。小太郎の回復振りには先生も驚いていました。「手術した本人もびっくりしてる、症状の軽いうちにすると回復も早いんだね。」ですって。たしかに退院2日後には普通に歩いていました。毛を剃られた足と手術跡を見なかったら手術したってわからないくらい元気印です。今のところ右足の手術は成功したと思って良いでしょう。
ただし、右足がしっかりしてきたのに対し、左足の不安定さが目立つようになってきました。歩様を見ていると左足がぐらぐらしている感じです。このままにしておくと左足の変形が進むので、早いうちに右足と同じように手術したほうが良いと先生に勧められました。7月半ばに左足を手術することになるかもしれません。

土曜日の医療費
診察料金(足):¥525
診察料金(耳・お薬含む):¥840
フィラリアお薬:¥735
合計:¥2,100



P1000053.jpg

小太郎の後ろ足のこと、早くアップしなくちゃと思っているのですがなかなか進みません。書いてると文章がどんどん長くなってくるし・・・。

小太郎、病院を渡り歩く:
先日の続きです。トレーナーさんのアドバイスを受け、ワクチン接種をしてもらった病院へ後ろ足を見てもらいに行きました。その病院は、患者(患畜)さんも多いので、ちゃんと診察してもらえるだろうと思っていたのですが、結果は???

担当してくれた若い先生は、ほんのちょっと足を触ってみるだけで、レントゲンも撮ってくれませでした。「生まれつきこういう体型をしたダックスは多いんですよ、何か痛みや異常が出たら対症療法するしかありませんね。」と言われても、「はい、そうですか。」と納得は出来ませんでした。別に異常があると診断して欲しかったわけではありませんが、事前にネットで股関節形成不全や膝蓋骨脱臼のことを少し調べていたので、もっと丁寧に診察してもらえるものだと思っていたのです。
[小太郎の後ろ足(その5)]の続きを読む
本日の小太郎
午前:朝御飯の後、「お外行く!お外へ行くんだ!」とあまりにもうるさいので、旦那に散歩をお願いしました。小太郎はお散歩が上手に出来ません(^^;)。気ままに走るは、リードを引っ張るは、あげくにすぐ「抱っこして」と座り込みです。まあ、「ツケ」と「飼い主と一緒に歩くこと」を教えていないこちらが悪いんだけど・・・。足の調子が良くなったら、ドッグトレーナーさんに来ていただいてお母ちゃんと一緒にトレーニングですよ、小太郎さん。
午後:kotaropapaとkotaromamaはそれぞれ用事があったので、小太郎はケージの中でお留守番。
夕方:小太郎を連れてドライブ兼買物、いつも行くトリミングショップで小太郎用のおもちゃ(ヌイグルミ)を購入。さらに、ペットショップで新しいキャリーケース(寝床用、現在使用しているものは、小太郎がかじってボロボロ)とおやつを購入。小太郎さん、あなたとお買物へ行くとお母ちゃんのお財布はすぐに軽くなってしまいます。

P1000025.jpg

やっと撮れた小太郎の正面顔、デジカメ初心者にはペット写真は難しいです。
[小太郎の後ろ足(その4)]の続きを読む
4日振りの更新です。この調子だと週に1回更新が出来るか?という感じになりそうです。(^^;)
月曜日のお留守番中に自分で抜糸しちゃった小太郎さん。火曜日に病院へ連れて行ったら先生に笑われました。「することなくて、よっぽど暇だったんだね~。」って、看護士さんにも言われちゃった。手術で痛い思いして、入院で寂しい思いをしたので、病院嫌いになるかと思ったけど、先生にシッポふりふりで愛想ふりまいてました。手術した膝が完全に固まったかどうかは1ヵ月後に評価するんだそうです。フィラリアのお薬を毎月出してもらうので、それと一緒に検査してもらうつもりです。

後日アップするといっていた手術跡の写真です。
P1000021.jpg

退院当日、12針縫ってあります。
[小太郎の後ろ足(その3)]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。